忍者ブログ
着画像とはランジェリー(下着)や水着・チュニックなどに人気の着衣画像
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スリップを着用したスリップの着画の多くはスリップ画像掲示板に多く見られます。

PR

体操着画像掲示板に掲載されているアイテムのほとんどはブルマーであった。ブルマとも表記される。そして次になんとジャージだ。興味深いのは体操着にブルマー着用の画像が好んで収集されていること。そして、その体操着こそ、小生も小学生の頃に着用した厚手の生地の白い体操着に他ならなかった。

結局、小生が昔を懐かしんだ体操着がそのまま掲載されているわけである。人間、考えることは皆同じなのである。現状の体操着画像掲示板の情報は小生には趣味ではないが、これを趣味とする人がけっこう多いことには驚かされた。

さらに、同様の掲示板に掲載されるアイテムに必ず水着がある。水着については、記事・体操着画像で触れているが、なんと月並みなことか。体操着画像掲示板に掲載されている小学生の、体操着にブルマーの画像は実に多い。借用画像もきっとあるだろうが、自ら撮影したものも多いと思われる。プールや海岸で女性を撮影しようとするとまずは咎められるだろうが、例えば小学校の運動会ではバシバシ撮影しても全く問題はない。むしろ、学校側はそれを助けるような動きすらしてくれる。

趣向にあった画像や映像をゲットするのに、体操着画像ほどうってつけの素材は無いのかもしれない。しかし、まさか、善良なるお父さん達の中に、投稿者はいないことを祈りたい。

女子の体操着ってどう?

体操着画像として、見る価値のある体操着とはどんなものだろう。
その前に、体操着とはなんだろう。

各種スポーツのユニホームも体操着と言えるだろうし、ジャージだって体操着ではないだろうか。
子供の夏休みが始まると共に、近隣の広場で行われるラジオ体操には子供達に交じって、かなり年配の方々が参加する。彼らの服装は思い思いだが、体操をし易い、体操着のつもりの服装だ。これだって体操着と言えはしまいか。


ハロウィン、 クリスマス、 忘年会、 パーティに最適!体操服(緑) 【コスチューム・コスプレ...

迷っていても始まらないので、個人的な記憶から体操着と聞いて連想するものを挙げてみる。
それは、小学校の体育の時に着た体育着に他ならない。自分にとっては体操着と聞くと体育の服が思い起こされる。自分が小学生の頃に着用した体操着画像には懐かしさこそあれ、万人の興味を引く要素は考えられない。ただ、女の子の体操着画像として、ブルマーがあり、今はほとんど使用されていないと聞くが、ほとんど消えてしまいそうな文化としての価値と興味はあるのではないだろうか。

さて、万人にとって、興味ある情報の最大の収集先はテレビに他ならない。そして、テレビに登場する人気者と言えばなんと言ってもタレントではないだろうか。そして、タレントによる運動会が放映されると視聴率はうなぎのぼりだ。当然、タレント達は体操着を着て参加し、視聴者の目に、体操着画像を焼き付けるのだ。タレントの着用する体操着はけっこう種々雑多だ。けっこうカッコ悪くとも、ファンは嬌声を上げまくる。

夏場の運動会ではプールが使用され、女性タレントがプールに相応しい装いをして登場する。水着だ。男性としてはこれになかなかの興味がそそられる。女性の水着画像にくぎ付けとなってします。この場合、タレントの水着画像は即、体操着画像と言って良いのだろうか?

体操着画像の体操着はどんなものか?
最も手っ取り早く知る方法は、体操着画像掲示板を見てみることかもしれない。
着画像掲示板という言葉は、着と画像と掲示板の三つからなるはずです。この場合、着と画像のユニークな合成語である「着画」が連想され、着画の掲示板ではないかと思っていました。
ところが、ネット上のどこを探しても着画の掲示板らしきものはそうそう見つかりません。体操着画像の掲示板やスクール水着画像の掲示板などであれば多く見受けられるのですが・・。

そもそも、着画はユニーク過ぎて、着画イコール着画像とはならない実状があるようです。ことばは似ていても、着画はあくまで着画であり、着画像とは別物というのが一般世間(ネット社会)の状況のようです。故に、着画の掲示板と着画像の掲示板は全く別物となっているのでしょう。

では着画像という検索語はどういったものなのか考えてみました。着画像という検索によってエンジンが表示するサイトタイトルのほとんどが、なんとか着(水着とか作業着)画像である事実。そして、着画像という検索自体がロングである事実を考えると、着画像という言葉自体、なんとか着の画像を探す行為であることが考えられます。

この場合、調べる人のニーズも多岐にわたることになると思われます。しかし、検索数上位の着画像関連語は水着か体操着がほとんど。多岐にわたると思われるニーズも案外範囲が狭いのかも知れません。あくまでも個人的な興味によって行われる検索は、同種の興味対象を知りえないまま、気にすることもないままに行われます。その結果が案外狭い検索需要であるとなれば、人間に共通する嗜好が見えてくるようにも思えます。

画像に対する興味は何者かが何かを着用した状況にあることは間違いないでしょう。この場合、何者が誰で、何かとは何なのか。そういった分類や分析に時間をかけてみるのも面白いのではないかと思います。

衣服にも様々とありすぎるほど。しかし、それを装う人間のスタイルにこそ魅力はあるわけです。だれが何を装うのか。魅力の対象としては、女性にとっては手本となる女性と共に男性であり、男性にとっては手本となる男性よりも、女性の方が多いのは間違いないでしょう。細かい分析をしたわけではありませんが、これはおよその傾向として正しいと思われます。

ネット検索も掲示板まわりも、こういった視点をもって見て見るとけっこう興味深いものがあります。

着画像や着画という言葉は、画像を扱うブロガーや写真をネット上で公開する人達の間で生まれた言葉です。携帯の世界では着うたという言葉がありますが、この場合の着とは着信という意味です。
これに対して、着画像や着画の着とは、文字どおりに「着る」という意味になっています。
お気に入りのファッションを購入する場合、お店であれば試着も出来ますが、ネット通販の場合はそれが出来ません。サイズ表示や、商品単体の写真では最終的に不安が残ります。そこで、着画像や着画の登場です。実際に商品の実物を着用した姿の画像によって確認できるので、安心して購入に踏み切ることができるというわけです。

着画像でオリジナルのコーディネートを公開している所

着画の需要をざっと見てみると、しまむらやARMENやミネトンカなどの着画に多くの関心があるようでグッチやシャネルやバーバリーなど、高級ブランドのファションについては、着画像の需要は少なめな現状であるようです。庶民的な感覚から言っても、高級ブランドについては簡単に購入できるわけもなく、求める際にはお店まで出向くからだと思われます。
従って、人間ブランドのセレブと称される人たちにとっては、無用であろうかと思われます。

着画像が商品の購入を検討する人たちだけのものかといえば、そうでもない現状があります。いわゆるウィンドウショッピングを楽しみ、それで終る人にとっても魅力のコンテンツです。
また、男性の場合、女性もののファッションを商品単体でしか見られなかったものが、着用画像で見られるようになったため、「お楽しみ」が増えた、というのも事実です。

いずれにしろ、「百聞は一見にしかず」と言います。これまでの商品紹介のコンテンツが百聞であったのに対して、着画像や着画が、貴重なその「一見」を与えてくれた。
そういうことが言えるのではないかと思います。

[PR]人気のブランドファッションなら
[PR]カルティエのファッションなら

カテゴリー
リンクサイト
キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


ページビューランキング
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 着画像の着画ナビ All Rights Reserved