忍者ブログ
着画像とはランジェリー(下着)や水着・チュニックなどに人気の着衣画像
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

着画像や着画という言葉は、画像を扱うブロガーや写真をネット上で公開する人達の間で生まれた言葉です。携帯の世界では着うたという言葉がありますが、この場合の着とは着信という意味です。
これに対して、着画像や着画の着とは、文字どおりに「着る」という意味になっています。
お気に入りのファッションを購入する場合、お店であれば試着も出来ますが、ネット通販の場合はそれが出来ません。サイズ表示や、商品単体の写真では最終的に不安が残ります。そこで、着画像や着画の登場です。実際に商品の実物を着用した姿の画像によって確認できるので、安心して購入に踏み切ることができるというわけです。

着画像でオリジナルのコーディネートを公開している所

着画の需要をざっと見てみると、しまむらやARMENやミネトンカなどの着画に多くの関心があるようでグッチやシャネルやバーバリーなど、高級ブランドのファションについては、着画像の需要は少なめな現状であるようです。庶民的な感覚から言っても、高級ブランドについては簡単に購入できるわけもなく、求める際にはお店まで出向くからだと思われます。
従って、人間ブランドのセレブと称される人たちにとっては、無用であろうかと思われます。

着画像が商品の購入を検討する人たちだけのものかといえば、そうでもない現状があります。いわゆるウィンドウショッピングを楽しみ、それで終る人にとっても魅力のコンテンツです。
また、男性の場合、女性もののファッションを商品単体でしか見られなかったものが、着用画像で見られるようになったため、「お楽しみ」が増えた、というのも事実です。

いずれにしろ、「百聞は一見にしかず」と言います。これまでの商品紹介のコンテンツが百聞であったのに対して、着画像や着画が、貴重なその「一見」を与えてくれた。
そういうことが言えるのではないかと思います。

[PR]人気のブランドファッションなら
[PR]カルティエのファッションなら

PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カテゴリー
リンクサイト
キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


ページビューランキング
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 着画像の着画ナビ All Rights Reserved