忍者ブログ
着画像とはランジェリー(下着)や水着・チュニックなどに人気の着衣画像
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

着画像掲示板という言葉は、着と画像と掲示板の三つからなるはずです。この場合、着と画像のユニークな合成語である「着画」が連想され、着画の掲示板ではないかと思っていました。
ところが、ネット上のどこを探しても着画の掲示板らしきものはそうそう見つかりません。体操着画像の掲示板やスクール水着画像の掲示板などであれば多く見受けられるのですが・・。

そもそも、着画はユニーク過ぎて、着画イコール着画像とはならない実状があるようです。ことばは似ていても、着画はあくまで着画であり、着画像とは別物というのが一般世間(ネット社会)の状況のようです。故に、着画の掲示板と着画像の掲示板は全く別物となっているのでしょう。

では着画像という検索語はどういったものなのか考えてみました。着画像という検索によってエンジンが表示するサイトタイトルのほとんどが、なんとか着(水着とか作業着)画像である事実。そして、着画像という検索自体がロングである事実を考えると、着画像という言葉自体、なんとか着の画像を探す行為であることが考えられます。

この場合、調べる人のニーズも多岐にわたることになると思われます。しかし、検索数上位の着画像関連語は水着か体操着がほとんど。多岐にわたると思われるニーズも案外範囲が狭いのかも知れません。あくまでも個人的な興味によって行われる検索は、同種の興味対象を知りえないまま、気にすることもないままに行われます。その結果が案外狭い検索需要であるとなれば、人間に共通する嗜好が見えてくるようにも思えます。

画像に対する興味は何者かが何かを着用した状況にあることは間違いないでしょう。この場合、何者が誰で、何かとは何なのか。そういった分類や分析に時間をかけてみるのも面白いのではないかと思います。

衣服にも様々とありすぎるほど。しかし、それを装う人間のスタイルにこそ魅力はあるわけです。だれが何を装うのか。魅力の対象としては、女性にとっては手本となる女性と共に男性であり、男性にとっては手本となる男性よりも、女性の方が多いのは間違いないでしょう。細かい分析をしたわけではありませんが、これはおよその傾向として正しいと思われます。

ネット検索も掲示板まわりも、こういった視点をもって見て見るとけっこう興味深いものがあります。
PR
この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おおっす
おおおおねがいします!本当、おおおねがいします><
イヌ 2009/03/30(Mon)06:07:54 編集
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カテゴリー
リンクサイト
キーワードアドバイス
ツールプラス


URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


ページビューランキング
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 着画像の着画ナビ All Rights Reserved